夜は、野菜中心の食生活おかずは四品

30代後半になり、なかなか痩せる事が難しくなってきました。昔からそんなに太る体質ではなかったのですが、やはりお腹周りや二の腕、お尻、太もも、背中など、今まで気にならなかった個所に肉が付くようになり、一度付いた肉がなかなか取れない状況です。
また、スタイルはもちろんキープしたいのですが、その他にも皮下脂肪、脂肪肝、コレステロールなど健康面も気になるようになってきました。
そのため、少しでも体内の脂肪を減らす為、夜は野菜中心の食生活を送る様にしています。また炭水化物は朝と昼のみ採る様にもしています。
たとえばの夜の献立ですが、
大根と豚バラの煮物、きんぴらごぼう、トマトとスプラウトのサラダ、豆腐など、おかずは必ず4品以上作ります。
動物性たんぱく質と食物繊維がしっかりと採れ、かつ彩が綺麗な食理想です。また、それぞれのおかずをきれいな小鉢に盛るなど工夫もしています。目で満足感を得、しかし1品1品の盛り量が少ないので、ドカ喰いが出来ないための工夫です。
主人も同じ年ですが、年々肥満が心配になってきたため、この献立を喜んで食べてくれます。
共に、良く噛み、時間をかけて食べる事を心がけています。
また、その他の努力としては、会社まで歩くようにした事が挙げられます。たまたま会社が近い事もあったのですが、会社の往復約40分間を毎日歩くようにしました。運動が嫌いで、走ったりスイミングに通ったりする事は自分には難しかった為、唯一の運動時間として半年ほど継続しています。

なかには、こんなダイエットをしている人などもいて健康について考えさせられますね。

ここ10年くらい常にダイエット中です。
ウォーキングからフィットネスクラブまでありとあらゆるダイエットを
3日坊主で繰り返してきました。
ただ、一つ一つが三日坊主ということで、『ダイエット』という行為そのものは
日々意識して過ごしています。
そのおかげか、物心ついたころにはぽっちゃりさんで、
大きい服の店でしか洋服を購入できない時期もありましたが、
一番痩せていたころはXSサイズの服も着れましたし、ここ数年は標準サイズの服を着ています。
私がリバウンドしないですんでいるのは、結局食べないからだと思います。
食べないダイエットはリバウンドするといいますが、それは食べるようになるからリバウンドするんですね。
初めに体重を落とすときは運動もしましたが、結構食事制限はしました。晩御飯抜きとか、鍋だけとか
プチ断食とかもやりました。
摂取カロリーを減らすということだけに重点をおいていたので
お菓子を食べたかったら、ご飯を食べないとかでバランスをとっていました。
実際それで体重は落ちました。
今でもやはり晩御飯はサラダだけとか、休みの日は晩御飯しかたべないとか
お昼ご飯は野菜スープとか、かなり摂取カロリー気にして生活しています。
一日三食しっかり食べてなんて恐ろしくてできませんし、晩御飯に白米も怖くて食べれません。
仕事で遅くなってしまって8時半を過ぎたら、晩御飯自体食べません。
でもお酒は飲むし、お菓子も食べたりします。
運動も好きでフィットネスクラブにも通い詰めていましたが、結婚を機に退会しました。
それでもリバウンドすることなく過ごしています。
おそらくこの先もずっとこの生活でないかと思います。
食べる楽しみはあんまりありませんが、太ることのほうがこわいので
変えるつもりもありません。
食べても太らない人はうらやましいですが、私は食べたら太る人です。
食べたら太るのに痩せたいなら食べないしかないです。
そして食べても太らない人は痩せたいとは思わないのです。
痩せたいと思う人は自分は食べたらいけない人なんだと、覚悟を決めて生活していくしかないのではないでしょうか。